たるみと生活習慣の関係

目の下や頬など顔のたるみと生活習慣には、大いなる関係があります。
芸能人など、顔のむくみ対策で、朝、目が覚めた時は、
下にして寝ていたほうの顔と逆向きに寝て、15分ほど横になるという人もいるほどです。
すごいですよね。

 

そこまでしなくても、私たち一般女性も、ぐっすり寝た翌朝は、

 

なんだか顔の印象が違うな?

 

という体験があるのではないでしょうか。

 

そう、夜22時〜深夜2時までは、お肌の新陳代謝が活発になる時間帯。
この時間帯に良質な睡眠をとる様に心がけるのが、
顔のむくみの他に美肌づくりには必要な習慣です。

 

姿勢の悪さも顔のたるみに影響します。

 

えっ!と思いますよね。

 

デスクワーク・パソコン時の前かがみ姿勢も、首や肩のコリにつながって、
老廃物が溜まりやすくなり、顔のたるみの原因になるのです。

 

お風呂でメイクを落とした後、顔を熱いシャワーで流すことも、
肌の乾燥の原因→「顔のたるみ」となって良くないそうですよ。

 

日常のちょっとした習慣を見直すことも、顔の目の下や頬のたるみを取るには大切なことなのです。

たるみと年齢の因果関係

ヘッドスパや、頭皮マッサージが流行っていますよね。
髪の毛にも、もちろん良いケアになるのですが、頭皮をケアすることによって、
スッキリしたという効果も報告され、頬や目の下のたるみを取る方法の一つになります。

 

地球には重力があり、悲しいことに年齢を重ねるとともに、
皮下脂肪が下垂してその上にある筋肉を支えきれなくなって、
たるみが発生してしまいます。

 

ヘッドスパや頭皮マッサージには、頭の皮膚の血流を良くすることで、
つながっている顔の皮膚や筋肉へも良い影響を与えることが理由と考えられます。

 

ですから加齢が原因の顔のたるみを取るには、若い女性の生活習慣が原因の顔のたるみより、
継続と積極的な美肌ケアが必要になることでしょう。

 

年齢を重ねることと共に、長年浴びた紫外線の影響でも、お肌の真皮層内のコラーゲンやエラスチンという
ハリや弾力をキープする物質が失われてしまいます。

 

20代からも、目の下の「たるみ」などの老化は、確実に忍び寄るそうですよ。

たるみに関する噂の真意

皆さんは顔のたるみに関する噂を聞いたことがあるでしょうか。 たとえば、「頬杖をつくと顔がたるみやすい」などというものです。 噂にはうその情報もあればホントのものもあります。 ちなみに、「頬杖をつくと顔がたるみやすい」といううわさは「ホント」です。 頬杖をつくことで、皮膚が伸ばされるため、たるみの原因になるということです。 ここでは、他の噂についてもその真意を見ていこうと思います。 「ポニーテールにすると顔がたるまない」というものがあります。 結論から言うと、これは「ウソ」です。 ポニーテールを結ぶことで皮膚が伸ばされてたるみが改善したようには見えますが、 頻繁に結ぶと逆に皮膚が伸ばされたままになり、たるみが進行してしまいます。 次に、「横向きで寝ると顔がたるみやすい」というものです。 これは「ホント」で、上を向いて寝ている人に比べると、横を向いて寝る人の方がたるみやすくなります。 横向きで寝ることで、頭部の重さが下側になっている部分にかかっていき、 皮膚が引っ張られるだけでなく、骨格も歪むことからたるんでしまい、左右の差も出てきます。 他にもいろいろな噂があるので、その真意を確かめて、 顔のたるみをとることやや予防に役立ててみてはいかがでしょうか。

顔の頬や目の下のたるみの原因関連エントリー

頬のたるみを取るには正しいお肌のお手入れのやり方で取る
お肌に若返りに顔のしわやたるみ改善エイジングケアに人気のアンチエイジング化粧品の口コミや売れ筋ランキングのおすすめ通販情報も満載
顔のたるみを取るマッサージや顔の体操方法
マッサージや体操やストレッチなどで効果的に顔のたるみを取る方法や口コミやランキングで人気のおすすめ化粧品などのお役立ち情報
顔のたるみをとるマッサージに口コミやランキングで人気のグッズ(美顔器・ローラー)
顔のマッサージやエクササイズに効果的に顔のたるみを取る口コミやランキングで人気のおすすめヤーマン、プラチナゲルマローラーのお役立ち情報
顔のたるみを目立たなくする写真写り法やメイク方法
写真写りで顔のたるみを目立たなくする対策方法をご紹介します。必見ですよ!
まぶたのたるみを取る方法とおすすめの化粧品やマッサージ
お肌に若返りに顔のしわやたるみ改善エイジングケアに人気のアンチエイジング化粧品の口コミや売れ筋ランキングのおすすめ通販情報も満載