エイジングケアケアのコツの一つは、正しい化粧落としをすることです。 肌質に合うクレンジングを使いましょう。 オイルクレンジングは洗浄力がありますが、肌の乾燥が進みやすくなります。 乾燥肌や敏感肌の人は、ミルクやジェルタイプのクレンジング商品を使った方が良いと言われます。 クレンジング剤の中には拭くタイプもあります。ただし、つける量が中途半端だったり、 皮膚を強くこすっていると、肌を傷めてしまう場合があります。 クレンジング剤の選び方ひとつで、肌にかかる負担も変わります。 目の周囲は特に刺激に弱い部分なので、メイク落としも優しく行うようにします。 アイメイクは目元専用クレンジング剤などでまず洗い流してしまい、 それから普通のクレンジング剤でメイク落としをするといいでしょう。 目元専用のクレンジングは、マスカラなど化粧品ンを落としやすくする為に洗浄力が強いものです。 顔全体を落とすのはやめましょう。 マスカラなど、メイク汚れが残ると色素沈着の原因になり、皮膚にシミができる場合もあります。 丁寧に洗い落とすことが重要になります。 クレンジングは必要量をしっかりつけ、 指の腹の柔らかい部分でメイクの部分を撫でるようにして浮かび上がらせます。 メイク落としに用いるクレンジングの量が不足していると、指の腹が皮膚の上でうまく動かず、 皮膚に負荷をかける場合があります。 汚れを落とすに足りるだけのクレンジング剤を使いましょう。 適切なクレンジングをすることが、エイジングエアでは重要です。 目元の皮膚を痛めないクレンジングができるようになることが、目元をケアするためには必要です。