アンチエイジングの基本

アンチエイジングの基本的なこと、

 

それは栄養素を身体全体にまでいきわたらせる事です。

 

どんなに高級なものでキレイに着飾ったとしても

 

体そのものが不健康だとしたら若さはほとんど感じられないと思います。

 

 

 

身体の老化ではどの部分が気になるところなのでしょうか?

 

肌にシワ?たるみ?白髪?歯?

 

老化現象というのは身体のさまざまなパーツででてきますし、

 

それを解消していくためにアンチエイジング用の化粧品だったり

 

サプリメントだったりを使っていたら手間もかかる上にお金もかなりかかってくると思います。

 

 

それでは、老化を予防するためのアンチエイジングをするためにはどういうことをすればいいのでしょうか?

 

一番良いと言われるのは、血液の老化を予防する事が一番だと言われています。

 

血液が老化しえしまうと、循環が悪くなるために肩や腰などのコリも悪化し、

 

痛みやむくみ、しびれなどの症状が出てきます。また肌や髪の毛などの老化現象も現れてくることになります。

 

血液の老化を防ぐための血液循環をよくするための方法をいくつか紹介します。

1.腎臓を温めます。(身体を冷やさないようにする。)

 

2.温かい飲み物、食べ物を摂取するようにする。

 

3.食べ物からカルシウムを摂取するようにする。(サプリメントに頼らない)

 

4.オイルマッサージなどをする。

 

5.爪をマッサージして自律神経のバランスなどを整える。

 

などですので普段の生活の中で少しづつでも気を配ってみましょう。

アンチエイジングにはまず睡眠と食べ物

アンチエイジングの為にはよい睡眠が大事

 

毎日睡眠はしますよね。睡眠はものすごく大切な事です。

 

ぐっすり眠て目覚めもすっきりだと、

 

その日一日はものすごくいい一日になるような気になりますよね。

 

 

このことからも睡眠というのはアンチエイジングには欠かせない事の一つなのです。

 

良い睡眠をとってアンチエイジング!

 

 

 

深い眠りでぐっすり眠る、落ち着いて眠るということは脳神経の機能を高めたり

 

回復させたりしてくれます。

 

睡眠中には脳細胞が壊れる事を最小限に抑えたりしてくれます。

 

睡眠と言うのは本当に大切な事で、アンチエイジングにとってもとても重要な事です。

 

 

 

アンチエイジングに効果のある食べ物

【ブルーベリー】
皆さんご存知のとおりブルーベリーには

 

ポリフェノールの一種であるアントシアニンという

 

赤紫色の色素が含まれています。

 

これは抗酸化物質で、活性酸素が発生するのを阻止してくれる働きがあります。

 

また、目の疲れを取るにはブルーベリーがいいといわれているように、

 

目の機能を改善したり視力を向上させてくれたりという効果があるといわれています。

 

 

【にんじん】
にんじんには、ビタミンC破壊酵素であるアスコルビナーゼが含まれています。

 

ビタミンCが含まれている食べ物と一緒に食べてしまうと

 

ビタミンCを壊してしまうため摂取する意味がなくなります。

 

ですので、この働きを抑制するためのクエン酸(レモン等)を一緒に摂取すれば

 

無駄がなく栄養を体内に摂取することが出来ると思います。

 

【トマト】
リコピンという成分がトマトには含まれています。

 

目の障害のひとつに活性酸素が原因となるものがあるのですが、

 

これに有効な成分だといわれています。

 

視覚機能を維持するためにとても重要な役割を担っています。

 

【山芋】
目の角膜や水晶体の透明性を保ち、

 

弾力性を保つ働きがある、コンドロイチン硫酸という成分が含まれています。

 

これは皮膚や関節、眼球、角膜などに分布しています。

 

【桜海老】
桜海老にはカルシウムが大量に含まれています。

 

カルシウムというのはご存知のとおり

 

歯や骨を丈夫にしてくれる役目があります。

 

また、白内障なども予防してくれる効果があります。

 

他には効果がある食べ物には以下のものがあります。
・大豆・乳製品・ゴマ・小魚・海藻類・春菊・青梗菜など

 

これは気持ちを抑えるための鎮静作用があります。

 

またカルシウムを摂取する事で眠りを助ける効果があります。

 

不眠などで困っている方はこれらの食材を摂取するように心がけてみましょう。

 

 

アンチエイジングに効果がある飲み物をご紹介します。
・ホットミルク(豆乳でも可)・タマネギの酢漬けドリンク
などの効果があるとされています。

 

また、コーヒーなどのカフェインは良い眠りを妨げるものとされています。

 

このカフェインの作用が体内から消えるまで摂取してから

 

3〜4時間はかかると言われています。ですから夕方以降はなるべく摂取しないようにしましょう。